前回の記事

調整波(修正波)って何?現れる場所は?

3つの波(又はその変形)で構成される調整波

エリオット波動はトレンド方向に大きく進んでいく5つの波(推進波)と、その動きを調整する3つの波で1つのサイクルを構成します。

 

そのうちの3つ波で構成される部分を調整波(修正波)といい、推進波と区別するために数字ではなく a b c などのアルファベットで表されます٩( ᐛ )و

しかし中には3つの波ではない調整波もあります…
例えば推進波の勢いが強い場合などに、調整波形は3つの波ではない特殊な波形になることがあります(複合型調整波)。つまり、調整波の形には、シンプルな3つの波(abc修正)からなるものと、その変形からなるものがあるという事です!

調整波のカウントが推進波と比べて難しく予想しにくいのは、この為ですね(°▽°)

2波動目と4波動目に現れる調整波

相場のトレンドはは一直線で進んでいくことはありません。上がったり下がったり、まさに波のようにトレンドは進んでいきます。

 

エリオット波動の1サイクルでそれを考えると…

5つの波の推進波で大きく進み、その動きを調整する3つの波の調整波。この8波1サイクルが繰り返されることによって、上の段階のサイクルが作り出されます(複数の5分足のサイクルで1つの大きな1時間足のサイクルが出来上がる→フラクタル構造)。

 

これを5つの波の推進波で考えてみます。

推進波の内部波動は5-3-5-3-5です。

※1波動目(5つの波)→2波動目(3つの波)→3波動目(5つの波)→4波動目(3つの波)→5波動目(5つの波)

 

上の段階のトレンド方向に進む1波動目、3波動目、5波動目のそれぞれの内部波動はいずれも5つの波の推進波で構成されているので、その直後に調整波が入ります。

 

つまり、調整波は2波動目と4波動目に現れるというわけです。

 

ex.下記画像、15分足の上の段階、4時間足 上昇推進波の2波動目が調整波になっていますね!

 

 

以上、修正波の波形と現れる場所についてでした。

次回は具体的な調整波のパターンを図とともに解説していきます!

 

それではまた明日♡

1日1クリック★いつも応援ありがとうございます(*´◒`*)


えりかのブログは何位?→FXトレード日記ランキング

エリオット波動特別コンテンツを"LINE@限定"で配信予定

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事