皆さんこんにちは!

 

早速ですが皆さんは生きていて”壁”を感じたことはありますか?

 

超えられない人や壊して進む人、人それぞれですが実は相場にも壁は存在しているんです。

それは..

いわゆるサポートライン、レジスタンスラインやトレンドライン、チャネルライン

と言われる、テクニカル分析において非常に重要なポイントです。

 

相場の壁、しっかりと認識出来ていますか?

「自分でラインを引いては見たものの、このラインはちゃんと機能するのか?」

初心者の方は戸惑いやすいと思いますが、要所さえ押さえておけば問題ありませんよ★

それは…大勢が見ているポイントに注目すれば良いのです。

一般的に言われているのが大衆心理という事になります。

例えば直近の高値安値・水平線などわかりやすいポイントは特に投資家が注目していて、比較的チャートに意識されやすいです。

そしてエントリーや利確・損切り全てのトレードに関わってくるんですね!

壁さえしっかりと見えてればそれだけで勝ててしまう可能性もかなり高いです!

壁はブレイクするまで機能しつづけます。

 

壁だな…と思ったらまずはブレイクされない前提でトレードを考えればいいんです。

例えば下のチャートでは110円あたり(キリ番であり直近の高値となっている)がレジスタンスラインとなっていてそこをブレイクしてから大きく上がっていますね!

 

 

この場合は基本的に110まで上がったら売りを繰り返していれば勝てます笑

損切りは110の少し上に置いておけばいいのですから!

そしてブレイクさられたらロングで入るなど、再度仕切り直せばいいのです。

壁がブレイクされると勢いよく伸びるのは、大衆心理が破られたと判断し一気に投資家が参入してくるためです。

その後ブレイクが明確化されてきたら更に勢いが増し、ロスカット注文も一緒に巻き込みます。

こうした連鎖的に動きが活発化し連続して大陰線、大陽線を付けやすいのです。

過去チャートで検証してみると分かりますがそういった動きは、大衆により注目されている壁ほど機能されやすく大きく動きます。

特にキリ番は意識されやすいポイントになりますので、よくわからない方はまずキリ番から注目してみるといいでしょう。

相場の壁は、度重なる検証やトレードを繰り返しながら徐々についていくものです。

一つのテクニックなので、覚えておくと必ず役に立つでしょう!

焦らず少しづつトレード力を付けていきましょうね★

 

 

それでは本日の相場を見ていきましょう٩( ᐛ )و

ユーロ円 4時間足

エリオット波動

緑の点線、現在調整c波の想定です。

 

黒のラインが内部波動で5-3の形になっていますね。

 

つまり、カウントに間違いがなければ次に内部波動5波を形成してジグザグ修正の形になることが考えられ、チャネルライン(黒の細い点線)が反応して、チャネルタッチまで下がる可能性も十分にあります。

 

画像、b波の始点を超えるようであればこのシナリオは否定されます。

 

次にサイクル理論でチャートをみてみましょう★

サイクル理論

画像黄色の円がサイクル始点です。

 

4Hサイクル = 16本目

メジャーサイクル(日足サイクル。以下MC) = 29本目

 

MCはまだボトム時間帯とするには早いですね。

 

そしてMCの内部の4Hサイクルは現在3つめです!

 

ということは…現在の4HサイクルボトムがMCのボトムになる可能性が濃厚ですね。

時間帯もちょうど一致してきます★

 

なので戦略的には4Hサイクル天井での売りエントリーが主な戦略となります。

 

私はエリオットを含めて考えると、レフトトランスレーションの可能性も見えたので売りエントリーしてみました。

損切りポイントは画像のb波の始点となっているところですね!

ここを超えて高値を更新すれば天井が否定されたことになるので、まだエントリーポイントではなかったことになります。

 

 

こういうふうに相場の動きに柔軟に対応できるようにシナリオがいくつもあれば慌てることなく冷静に対処できるようになりますよ!

ぜひ習慣化して、トレードの勝率を上げていきましょう♪

 

それではまた明日♡

1日1クリック★いつも応援ありがとうございます(*´◒`*)


えりかのブログは何位?→FXトレード日記ランキング

エリオット波動特別コンテンツを"LINE@限定"で配信予定

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事