皆さんこんにちは!

 

先月末のロンドンフィキシングは取れましたか?☺️

 

エリオット・サイクル理論でのトレードはファンダメンタルズを意識しませんが、大きな指標の日・時間帯はしっかり頭に入れておきましょう!

 

 

ドル円がクロス円の中でも一番早くに直近の高値を更新して新サイクルと上昇推進波を確定させていて、それに遅れてくる形で他の通貨も上がってくるはずだと思ってのロングです。

 

損切りラインは通貨ごとにチャネルライン・直近の安値に合わせていてそれぞれ損切りまでの幅が小さかったのも一つです。

ポンド円は一番損切りラインとの幅がなかったので多めに買っています!

ポンド円 4時間足

ポンド円 4時間足チャート

エリオット波動

現在上昇推進波の段階です!

0-2チャネルと思われるラインも超えているので 3波 確定で想定しています★

3波といえば、衝撃波として最もよく伸びる可能性が高い波動です。

ここに乗れるかどうかがエリオット波動で利益を伸ばす肝になりますよ♪

 

ただ私がエリオットのカウントで常に意識していることは「カウントが根本的に間違っている可能性があるかもしれない」

ということです。

 

エリオット波動の絶対的ルールは厳守の上でカウントは本当に人それぞれなので、常に自分の間違いを認める気持ちが必要になります。

ずっと頑固でいたら間違いに気付けずトレードがごちゃごちゃになるのはいうまでもありません..

 

ここでいくつか質問をいただいていたエリオット波動の内容について深掘りしたいと思います★

推進波の転換?

推進波の転換、5波動の次に5波動は来るのか?という質問についてです!

 

上昇波動から下降の相場になるタイミング、わかりませんよね。

 

・上昇推進波5波で数えていたのにいきなり大きく下げて、やっぱり下降推進波だったの!?

・それともそもそも間違っていた..?分からなーい!

 

なんてこと多々あると思います。

 

それはずばり内部波動とトレード足での波動がごっちゃになっている or 上のレベルの波動の転換点だった。

この2つで解決するでしょう♪

 

上昇推進波の次に大きな下落の5波動が現れたら「?」ってなりますよね。

それは内部波動の5波(トレード足でのa波)の可能性があります。

また、上のレベルの波動もcheckしてみましょう!

ちょうど波動の節目(5波の終点)ではありませんか?

 

常に波動は上の波動に支配されるので(サイクル理論と同じですね!)必ず複数の足を確認して整合性を高めていきましょうね!

 

とは言ったものの、エリオット波動を使う上でまず前提として「波のカウントって自由でごっちゃになることは仕方のないことだ!」と軽く考え、安心材料の一つとして使う程度が一番ですよ!

 

私のトレードにとってはかなり重要な役割を担っていますが、意識的にはそれくらいのものです★

 

少しテキストでの説明は難しいですが、分からないことや疑問・提案やご指摘等などあれば気軽にLINE@よりメッセージくださいね☺️

サイクル理論

画像黄色の円がサイクル始点です。

4Hサイクル = 52本目

MC = 9本目

 

前回の記事でカウントを見直して正解でしたね!

シナリオAが刺さって、その通りに動いてくれています★

 

▶︎ 前回のポンド円の記事

 

このままライトトランスレーションを形成して、新しいサイクルが始まりMC天井に向けて上昇していくのがメインのシナリオです!

ポジションは一旦全決済で確実に利益をとりつつ、次のチャンス(サイクル理論の始点・波動の節目)を優雅に待つとしますかあ♪

 

それではまた明日♡

1日1クリック★いつも応援ありがとうございます(*´◒`*)


えりかのブログは何位?→FXトレード日記ランキング

エリオット波動特別コンテンツを"LINE@限定"で配信予定

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事